日本リュート協会は、オランダ在住のリュート奏者、野入志津子氏による講習会を開催いたします。

Picture-Zamboni

《野入志津子講習会》

受講対象:
リュート属楽器 ソロ曲
リュート属楽器の入ったアンサンブル等(声楽+リュート属、旋律楽器+リュート属、その他)

日時 :2018年2月10日
    10時〜18時
受講料:会員1万円、非会員1万2000円
聴講料:会員2000円、非会員3000円
会場 :スタジオピオティータ
         東京都杉並区下高井戸4-22-34
            03-5316-7161
            http://ms-tms.com/studio-piotita/
申込先:倉又
    krmt-yskt-lutetaiji@jcom.home.ne.jp

野入志津子氏プロフィール:
京都生まれ。同志社女子大学音楽学科(音楽学専攻)卒業。在学中よりリュートを岡本一郎氏に師事。京都音楽協会賞受賞。リュートとルネサンス、バロック音楽を学び深めるためにバーゼルのスコラ・カントルムでオイゲン・ドンボアとホプキンソン・スミスに師事、1991年ソリストディプロマ。アムステルダムを拠点に活動している。
古楽界の巨匠ルネ・ヤーコブスの専属リュート奏者として20年以上にわたりオペラやオラトリオの上演を続けている。主な活動は:インスブルック古楽際(オーストリア)、Aix-en-Provence 国際音楽祭、シャンゼリゼ劇場、モネ劇場、ベルリン国立歌劇場、ウィーン劇場、リンカーン・センター、バービカン・センター、Cite de la musique、芸術の宮殿、ザルツブルグ音楽祭、フェスティバル La Folle Journee、Teatro Avenida、東京オペラシティ(鈴木雅明指揮)。
アンサンブル”Les Plaisirs du Parnasse”のメンバーであり、世界各国でソリスト及び通奏低音奏者として、アンナー・ビルスマ、Concerto Vocale、イ・ムジチ合奏団、フライブルク・バロック・オーケストラ、Ensemble415、ベルリン古学アカデミー, バッハ・コレギウム・ジャパン など先導的なアーティストやアンサンブルと活動している。コンサート活動は:コンセルトヘボー(アムステルダム)、ベルリンフィルハーモニー, La Chapelle Royale (ヴェルサイユ)、ゲヴァントハウス(ライプチヒ)、シドニーオペラ(オーストラリア)、ルービンアカデミー(イスラエル)、Palau de la Musica (バルセロナ)、王宮宮殿(マドリッド)、ボリショイ劇場(モスクワ)や Beaune、Ambronay (フランス)、ウルビーノ(イタリア)、ブリュージュ国際音楽祭(ベルギー)、プラハの春などの音楽祭。
ディスコグラフィー:
フィリップス(イムジチ合奏団)、ハムモニア・ムンディ・フランス(ルネ・ヤーコブス指揮)、WDR、BIS, Symphonia , Zig-Zagなどのレーベルに録音。ソロのCDはレグルスから”G.A. Casteliono, Intabolatura de Leuto” “Giovanni Zamboni, Sonate d’Intavolatura di Leuro”をリリース。レコード芸術誌特選版。(2/2)

野入志津子氏ホームページ
https://shizukonoiri.com/?lang=ja

バーゼル在住のリュート奏者 坂本龍右氏の演奏会 ご案内です。
全て作者不詳の作品で構成する、意欲的な企画の第3弾です。

2017.1.17 Anonymous vol.3m

1月17日(水)19時開演(18時30分開場)
旗の台 えびらホール 

リュートライヴ 「アノニマス礼讃3~その忠告は理解できない~」
出演 坂本龍右(リュート)

演奏曲目 
全て作者不詳 
ロプコヴィッツの手稿譜より「トランシルヴァニアのザクセン人」
オズボーンの手稿譜より「にやにや笑いの羊飼い」
リヴィウの手稿譜より「その忠告は理解できない」
ロワランの手稿譜より「スコットランド俗謡メドレー」
スタートの手稿譜より「ジョン、今来てキスして」


入場料 2500円
チケット取扱い オフィス・ドラゴネット officedragonet@gmail.com
http://dragonet.theshop.jp/

日本リュート協会では、秋の会員コンサートを開催いたします。

開催日:2017年11月18日(土)

開演時間:13:00 (開場 12:30)

会場:近江楽堂東京オペラシティ内

入場無料
どなたでもお聞きいただけますので、お気軽にお越し下さい。

出演者とプログラム (順次更新いたします)

出演者 楽器 作曲者・曲目
宮武 隆 ルネサンスリュート

・Hans Newsidler
- Mein einigs A
- Von edler art
- Nach willen dein
- Ach unfall wes zehest du mich

小菅明子 ルネサンスリュート

・Luis Milan
- Fantasia2

・Hans Neusidler
- Ach hilffmich  leid:悲しみからの救い
- L’amora Isaac:イザークの愛

山岡明子

バロックリュート

・Dufault
- Sarabande – Double
- Gigue

・Ennemond Gaultier
- Chaconne ou Cascade de Mr. de Launay

西島弘

ルネサンスリュート

・Vincenzo Capirola
- Spagna prima
- Recercar primo
- Recercar quinto
・Francesco da Milano
- Riceracar 34 “La Compagna”

久野美穂

ルネサンスリュート

・John Johnson
- Johnson’s Jewel
- Carman’s Whistle

・中川祥治
- Prelude for summer

松尾英樹

バロックリュート

 ・S.L. Weiss
- Fantasy,  c-moll

・J.S.Bach
- Fuge, g-moll, BVW1000

小嶋茂

保坂あゆみ

ルネサンスリュート

コルネット

・Girolamo Dalla Casa (after Palestrina)
- Vestiva i colli

・Marco dall’Aquila  ※lute solo
- Recercar(15)

・Michel Lambert
- Goutons un doux repos

阿矢谷 充

バロックリュート

・S.L Weiss
Sonata #5 G-Dur
Prelude,Allemande,Sarabande,Gigue

岡沢 道彦

吉岡あゆみ

リュート

ソプラノ

・Henry Purcell

- Fairest Isle
- If Music be the Food of Love
- If Love’s a sweet passion
- Music for a while

岡沢 道彦

リュート弾唱

 ・サン‐サーンス
白鳥(若山牧水の和歌で)
・グノー
アヴェマリアと暁の歌(山部赤人の長歌で)
・マルティーニ
愛の喜びは(藤原定家の和歌で)
米田考 バロックリュート ・S.L. Weiss
- Fantasie in c(ファンタジー ハ短調)
- Ciaconne in Es(シャコンヌ 変ホ長調)

会報NO.29号 発行

日本リュート協会では、会報NO.29号を発行いたしました。

NewsLetter29

  • 産地直送ハーグ便ー第2便 〈上田朝子〉
  • 普通じゃないかもしれない?リュート教室(5) 〈橋口淳一〉
  • 旧約聖書にリュート属? 〈竹内茂夫〉
  • リュート教室紹介(7)久野リュート教室 〈宮武 隆〉
  • CD音源付き絵本「ロバの王子」(文芸社)紹介 〈宮武 隆〉
  • 自己紹介
  • 添付楽譜
  • 理事会からのお知らせ

当協会が後援する演奏会のご案内です。

朗読音楽会 X CAFE Hammock 〜古の楽器と響き合う声を聴く〜

20171111cafehammock-omote

20171111cafehammock-ura

PDF「朗読音楽会XCAFE Hammock」@三鷹チラシ表面
PDF「朗読音楽会XCAFE Hammock」@三鷹チラシ裏面

【日時】2017年11月11日(土)内容違いの2公演

・昼の部 15時開演(14時30分開場)『ロバのおうじ』
原きよ(朗読)、永田斉子(リュート)*画像投影あり

・夜の部 18時開演(17時30分開場)『月琴で綴る龍馬の手紙』
原きよ&小林崇也(朗読)、永田斉子(月琴)

【会場】 CAFE Hammock (JR三鷹駅南口より徒歩3分)

東京都三鷹市下連雀3-22-15 2F
http://hammock-mitaka.com/

【出演】 原きよ(朗読)小林崇也(朗読)永田斉子(リュート&月琴&構成)

【料金】 前売&予約(当日会場にて精算)

昼の部 2500円(子ども小学4年生以上〜中学生以下 1500円)+別途1ドリンクオーダー

夜の部 3000円 別途+1ドリンクオーダー

昼夜通し券 5000円 別途+2ドリンクオーダー

*備考: 当日料金はそれぞれ+500円

【チケット予約】 メール robalute@gmail.com 電話 080-5006-1305 (永田)
インターネット https://tiget.net/events/14206

【お問合せ】robalute@gmail.com (朗読音楽会事務所)

【詳細情報】seikonagata.com

【共催】CAFE Hammock&コンサートプロデュース・ルミエールプロジェ

【後援】日本リュート協会、NPO法人みたか都市観光協会、(株)清月エンターテイメント、マキ鍼灸治療院、まちライブラリー@風待文庫・三鷹

日本リュート協会・主催のコンサートご案内です。

ヴェルサイユのソワレ 〜 デュオコンサート ロベール・ド・ヴィゼーの世界 〜

chirashi_finish0723

リコーダー/川端りさ
テオルボ/ミッシェル・カルダン

日時:2017年9月9日(土),10日(日) 18:30開場 19:00開演
(両日とも同じプログラム)

会場:東京アートミュージアム(東京都調布市仙川町1-25-1)

料金:3500円(入館料込み)<限定30席>

お問合せ(宮里):Tel 080-3011-5917/E-mail hpbng0612@yahoo.co.jp

主催:日本リュート協会
協賛:東京アートミュージアム

ミシェル・カルダン氏は2001年に続いて2度目の来日となります。
カルダン氏はヴァイス・ロンドン版の全曲録音CDで広く知られていますが,最近はテオルボによる通奏低音に力を注いでおります。
今回は、リコーダー奏者 川端りさ氏とのデュオで、フランス・ルイ王朝の宮廷音楽家として活躍した、ロベール・ド・ヴィゼーの作品を取り上げます。

ミシェル・カルダン氏 Webサイト
http://www.michelcardin.com/en/home-2/

当協会が後援する演奏会のご案内です。

コンティヌオ・ギルド(通奏低音組合)第2回公演
〜「激動の英国、激動のコンティヌオ!」

◆2017年10月2日(月) 19時開演(18時半開場)

東京オペラシティ内 近江楽堂

◆出演
【コンティヌオ・ギルド】
坂本龍右(リュート) 山縣万里(チェンバロ) 武澤秀平(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
【ゲスト】広瀬奈緒(ソプラノ)

◆演奏曲目 
嘆け、私の眼よ(J.ウィルビー)John Wilbye: Weepe my eyes 
まばゆい百合が咲くのを見た?(R.ジョンソン)Robert Johnson : Have you seen the bright lily grow
目を覚ませ、我がアドニス(C.コールマン) Charles Colemann : Wake my Adonis
薔薇の花より甘く (H.パーセル)Henry Purcell: Sweeter than roses  

◆入場料
一般4000円 学生3000円

◆お問合せ
コンティヌオ・ギルド continuoguild@gmail.com

◆チケット取扱い
オフィス・ドラゴネット http://dragonet.theshop.jp/
東京古典楽器センター TEL:03-3952-5515 FAX:03-3952-5516 info@guitarra.co.jp 営業時間 10:30~19:00(毎週月曜日定休)

◆後援
日本リュート協会 日本チェンバロ協会 日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会

2017.10.02 コンティヌオ・ギルド第二回 表w

2017.10.02 コンティヌオ・ギルド第二回 裏w

当協会が後援する演奏会のご案内です。

ポリフォニー×ディミニューション
—ルネサンスの「器楽」奏者はいかに「声楽」曲を演奏したか?

開催日 2017年08月01日(火)
開場: 18:30/開演: 19:00

会場 近江楽堂

出演
菅沼起一 / 坂本龍右 / 山縣万里 / 鏑木綾 / Quartette Provisoire

チケット入手先等は、チラシをご参照ください。

10.01 ポリフォニー×ディミニューション 表

10.01 ポリフォニー×ディミニューション 裏

日本リュート協会では、春の会員コンサートを開催いたします。
終了しました。多数ご来場いただきありがとうございました。

開催日:2017年4月15日(土)

開演時間:14:00 (開場13:30)

会場:近江楽堂東京オペラシティ内

入場無料
どなたでもお聞きいただけますので、お気軽にお越し下さい。

出演者とプログラム (順次更新いたします)

出演者 楽器 作曲者・曲目
宮武 隆 ルネサンスリュート

・Hans Newsidler
Ich klag den tag
Der hund mir vor dem liecht umbgat
Alexander Agricola
Alexander der ander theyl

山岡明子

バロックリュート

 

・Dufaut
Gigue in G minor

・Sylvius Leopold Weiss
Chaconne in G minor

阿矢谷 充

ルネサンスリュート ・Anon.
A Scottish Tune
・John Dowland
Piper’s Pavan
Captain Digorie Piper’s Galliard

久野美穂

ルネサンスリュート  

Tastar de corde:J.A Dalza

Pavana la Gombertina~Saltarello:Pietro Paolo Borrono

Pavana alla Venetiana:J.A Dalza

久野幹史

ルネサンスリュート

・Adieu ces bons vins de Lannoys:Guillaume Dufay

・Ne je ne dors ne je ne veille:Guillaume Dufay

・Suite “Donkey Prince” :Masashi Kuno

 組曲「ロバのおうじ」より抜粋:久野幹史

岡沢 道彦

リュート弾唱

Tu se’ morta : Monteverdi
Tell me true love : Dowland
In darkness let me dwell : Dowland
Music for a while : Purcell

原弥生

渡辺マリ

倉又義克

ソプラノ

ヴィオラ・ダ・ガンバ

テオルボ

・Girolamo Frescobaldi
Se l’aura spira
Così mi disprezzate
Se l’onde, oimè

・Barbara Strozzi
L’Eraclito Amoroso

・Tarquinio Merula
Folle è ben che si crede

会報NO.28号 発行

日本リュート協会では、会報NO.28号を発行いたしました。

NewsLetter28

  • 労作されるインタヴォラトゥーラ ―編曲過程の紹介とディミニューションの分析を通して― 〈菅沼起一〉
    NewsLetter28-1

    記事サンプル

  • 産地直送ハーグ便り(1) 〈上田朝子〉
    NewsLetter28-2

    記事サンプル

  • LSAサマーセミナー報告 〈小出智子〉
    NewsLetter28-3

    記事サンプル

  • 今村泰典マスタークラス報告 〈倉又義克〉
    NewsLetter28-4

    記事サンプル

  • イスラエル・ゴラーニ マスタークラス受講記  〈阿矢谷充〉
  • イスラエル・ゴラーニ バロックギターライブ&トーク (古楽かふぇ) 〈西野潤一〉
  • 普通じゃないかもしれない?リュート教室(4) 〈橋口淳一〉
  • 名古屋リュート研究会紹介 〈比留間道昭〉
    NewsLetter28-5

    記事サンプル

  • 第28回会員コンサート報告 〈宮武隆〉
  • 添付楽譜 〈宮武隆〉
    NewsLetter28-6 NewsLetter28-7

« Older entries