日本リュート協会では、秋の会員コンサートを開催いたします。

開催日:2014年11月9日(日)

開演時間:14:00(13:30 開場)予定

会場:近江楽堂東京オペラシティ内

入場無料
どなたでもお聞きいただけますので、お気軽にお越し下さい。

今回は演奏に加えて、特別講演「9コース・リュートについて」を行います。

■講演概要

 ルネッサンスリュートには、主に弦の数が6コースから7,8,9,10コースのものまで存在しますが、この中で9コースリュートは現代においては最もマイナーな存在で、実際にこの楽器が製作されたり、演奏されることは極めてまれです。
 しかしながら、この9コースリュートは、イギリスルネッサンス当時は非常にポピュラーな楽器であったことは間違いなく、特にあのジョン・ダウランドは、1605年(当時42歳)に出版した「Lachrimae, or Seven Tears」において、この9コースリュートを使用しており、後期における愛用の楽器であったとされています。

例:Lachrimaeにおける、9コースリュートの調弦の説明

 他にもイギリスルネッサンスの非常に重要なリュート曲集である、「Variety of lute lessons (1610 ダウランドの息子が出版)」や「The Lute Book of Lord Herbert of Cherbury(1620-40)」にはオリジナルの9コースリュートのための作品が多数収録されています。
 またダウランドの作品で、初期の6-7コースのために書かれたと思われる作品の中にも、この9コースリュートを使用すると、技術的にも音響的にも非常に効果的に演奏可能な例が見られます。
 本講演では、リュート製作家の渡辺広孝氏が、Variety of lute lessonsの実際の記載を元に作成した9コースリュートについて、当時の資料他を参照しながら解説いたします。またこの楽器を使用して、ダウランド他イギリスの作品の演奏も披露いたします。(9コースリュート演奏は、阿矢谷が担当)

出演者とプログラム (曲目は追って掲載いたします)

出演者 楽器 作曲者・曲目
宮武 隆 ルネッサンスリュート

John Dowland
・John Dowland’s Galliard (21)
・Fancy (6)
・Mr Dowland’s Midnight(99)
・Fancy (73)
[括弧内の数字はD.Poulton,J.Dowland選集の作品番号]

高瀬伸也

辻愛美

リュート

朗読

 詩と詞の朗読 vs リュート演奏

岡沢 道彦

リュート弾唱

・モーツァルト / アヴェ・ヴェルム・コルプス
(松尾芭蕉の「おくのほそ道」からの五句で)
・ロドリーゴ / 恋のアランフェス
(万葉集 大津皇子と石川郎女の歌で)
・マスネ / タイスの瞑想曲
(源氏物語 光源氏と紫の上の歌で)

坂本美里

久野幹史

リュート

・楚々として花のように~グリーンスリーブス~  詞:坂本美里 曲:イングランド民謡
・ロンドンデリーの歌 詞:坂本美里 曲:アイルランド民謡
・石畳の踊り子  詞:坂本美里、曲:久野幹史
・月の船~シチリアーナ~ 詞:坂本美里 曲:作者不詳

阿矢谷 充

ルネッサンスリュート

9コースリュートによる、John Dowland演奏
・Solus Cum Sola (P10)
・La Mia Barbara (P95)
・Mignarda (P34)
・Fantasia (P1a)

米田 考

倉又義克

テオルビーノ

テオルボ

によるデュエット

Bellerofonte Castaldi (c. 1580 – 1649)
・Capriccio detto Spagnolino (スペイン男のカプリチオ)
・Mascherina Canzone (小さな魔女の歌)
久野幹史
&
ホムンクルス

リュート他

ハーディーガーディー他

・中世・ルネサンス舞曲メドレー
・ロバの歌
・シャンソネッタ・テデスカ
・ブルゴーニュのブランル

etc

特別講演

渡辺広孝
(リュート製作家)
演奏:阿矢谷充

「9コース・リュートについて」

会報NO.23号 発行

日本リュート協会では、会報NO.23号を発行いたしました。

NewsLetter23-1

  • バーゼル留学記(1)〈坂本龍右,聞き手:倉又義克〉
    NewsLetter23-2

    記事サンプル

  • 童話:消えたビウエラ〈佐藤亜紀子〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • リュートソングプロジェクト
    LSA Summer Seminar Report〈西島弘〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • 楽譜の入手法(5) 19世紀ギター編〈井上景〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • リュート教室紹介(3)水戸リュート教室〈宮武隆〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • ビウエラ今昔物語~ビウエラ復興の歴史〈小川伊作〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • リュートの会紹介〈五十嵐正明〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • 第23回会員コンサート報告
  • 自己紹介(3)
  • 添付楽譜:John Dowland, A Fancy (Diana Poulton #73)

日本リュート協会では、春の会員コンサートを開催いたします。終了いたしました。

開催日:2014年4月26日(土)

開演時間:13:30(13:00 開場)

会場:近江楽堂東京オペラシティ内

入場無料
どなたでもお聞きいただけますので、お気軽にお越し下さい。

出演者とプログラム (曲目は追って掲載いたします)

出演者 楽器 作曲者・曲目
宮武 隆 ルネッサンスリュート

 J. Dowland
・Mrs Vaux’s Jig (57)
・The shoemaker’s wife (58)
・Go from my window (64)

小菅朋子

ルネッサンスリュート

P.Attaingnnat
・”Patience”  Basse dance,Recoupe,Tordion from 18 bassese dances,1529
・”Bel Fiore” Pavane,Sauterelle
・”La Brosse”P.B. Basse dance,Recoupe,Tourdion

岡沢 道彦

リュート弾唱

亡き王女のためのパバーヌ(万葉集、高市皇子の歌で)・・・ラヴェル
般若心経(聖母の嘆き)・・・モンテヴェルディ

鈴木麻由

上田朝子

ルネッサンスリュート

John Dowland
・I saw my Lady weep
・Flow my tears
・Can she excuse my wrongs?

西島弘

ルネッサンスリュート

 Giovanni Antonio Terzi
・Volta Francese Quarta
・Corente Secondo
・Toccata Seconda
・Gagliarda del Pass’e mezo

米田 考

アーチリュート

 Alessandro Piccinini
・Canzone III(カンツォーネ第3番)
・Corrente VIII(コレンテ第8番)
・Aria Prima Affettuosa(アリア第1番 情愛深く)
・Gagliarda III(ガリアルダ第3番)
・Chiaccona Mariona alla vera Spagnola(チャッコーナ・マリオーナ 正統スペイン風)

永井良治

園山結里

倉又義克

バロック・ヴァイオリン

ヴィオラ・ダ・ガンバ

テオルボ

Giovanni Paolo Cima
・Sonata à 2

Arcangelo Corelli
・Sonata X
Preludio,Allemanda,Sarabanda
Gavotta,Giga

有志参加によるコンティヌオ

宮里安矢

 

 

リコーダー

・Greensleeves to a ground
・Divisions upon an Italian ground…Robert Carr
・A Division on a ground…Mr.Finger
・Recercada…Diego Ortiz
※曲目変更の可能性もあります 

日本リュート協会は、役員人事を行ないました。下記のとおりお知らせいたします。

―   記   ―

〈新任〉

理事長 米田 考

〈退任〉

理事長及び理事 渡辺 広孝

以上

会報NO.22号 発行

日本リュート協会では、会報NO.22号を発行いたしました。

NewsLetter22-500px

  • インタビュー:坂本龍右氏に聞く〈倉又義克〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • 楽譜の入手法(4)ルネサンスギター編〈西野潤一〉
  • リュート教室紹介(2)佐藤亜紀子リュート教室〈米田考〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • リュート・古楽関連団体紹介(1) NPO法人日本ルネサンス音楽普及協会〈増子昭夫〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • リュート奏者のための冬のハンドケア〈阿矢谷充〉
    記事サンプル

    記事サンプル

  • 第22回会員コンサート報告
  • 自己紹介(2)
  • 書評〈倉又義克〉
  • 新譜紹介〈阿矢谷充〉
  • リュートの豆知識(3)
  • 添付楽譜

現在バーゼルで活躍中の坂本龍右氏が所属する、アンサンブル・イル・ベッルモーレの初来日公演が行われます。
東京公演では、イタリアルネッサンス音楽の即興演奏に関するレクチャーも行われます。

sakamoto-2014-1sakamoto-2014-2

東京公演 ダウランド×イタリア

東京公演コンサートは完売いたしました。レクチャーは若干名残席がございます。

  • 2月17日(月) 19:00開演
  • サロン・デュオ (渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 ドルミ御苑401)
  • 3000円(当日3500円),40席限定
  • アンサンブル・イル・ベッルモーレ:
  • 曲目:
    • マレンツィオ「西風が戻り」
    • カッチーニ「甘いため息」
    • ダウランド「悲しみよ、とどまれ」
    • イングランドの流行歌に基づく即興演奏
  • 主催・お問い合わせ:オフィス・ドラゴネット office.dragonet@gmail.com
  • ※公演に先立ち,16:00より同会場で出演者によるレクチャー「イタリア・ルネサンス音楽の装飾、即興演奏」を開催。受講料 1500円(いずれかの演奏会の入場との組み合わせの場合1000円)

千葉公演 この愉しき人生 ”A lieta vita”


奈良公演 この愉しき人生 ”A lieta vita”

会報NO.21号 発行

日本リュート協会では、会報NO.21号を発行いたしました。

nl-no21-top

  • 自分の練習方法を作ろう!(前篇)〈佐藤亜紀子〉
  • 楽譜の入手法(3)バロックギター編〈西野潤一〉
  • 第21回会員コンサート報告〈田中美秋〉
  • 自己紹介欄
  • 総会報告 〈理事会〉
  • リュートの注文から納品まで〈米田考〉
  • リュート教室紹介(1)永田リュート教室〈宮武隆〉
  • 名古屋バロック音楽協会 夏季セミナー レポート〈西川太一〉
  • セントについて〈宮武隆〉
  • 添付楽譜

新しく、会員コンサートのビデオを公開いたしました。
2013年10月に行われた、NO.22の模様がご覧いただけます。

メニューの「LSJ Video」から直接アクセスしていただけます。

直接のリンクは以下をクリックしてください。

ビデオページへのリンク

日本リュート協会では、秋の会員コンサートを開催いたします。

〜ダウランド生誕450年に寄せて〜

開催日:2013年10月26日(土)終了いたしました

開演時間:14:00(13:30 開場)
終演時間:16:30(予定)

会場:近江楽堂東京オペラシティ内

入場無料
どなたでもお聞きいただけますので、お気軽にお越し下さい。

出演者とプログラム

出演者 楽器 作曲者・曲目
宮武 隆 ルネッサンスリュート

John Dowland

The Right Honourable The Lady Clifton’s Spirit
(Varietie of Lute-lessons, Galliard 6)
Sir John Smith, His Almain
  (Varietie of Lute-lessons,Almain 7)
Galliard to Lachrimae
  (A Pilgrimes Solace, XXII)
My Lady Hunsdon’s Allmande
  (Folger Library,f.22v)

高瀬伸也
(テキスト、演奏)

青柳秀侑
(朗読)

リュート

朗読

タイトル:ジョン・ダウランド/漂泊と巡礼/ 

岡沢 道彦

歌とリュート

Weep you no more, sad fountains (Dowland)
Londonderry Air (Old Irish Melody)
Ständchen (Schubert)

小菅朋子

久野幹史

リュート二重奏・リュートソロ

A Plain Song (Thomas Robinson)
A Toy for 2 lutes (Thomas Robinson)
Sweet Nymph,Come to thy Lover (Thomas Morley)
Fortune (John Dowland)

西島弘

ルネッサンスリュート

Giovanni Antonio Terzi
– Preludio de l’Autore
– Ballo Secondo Alemano
– Fantasia in mode di Canzon Francese di Giovanni Gabrieli
– Balletto Alemano
John Dowland
– Lady Hunsdon’s Puffe

米田 考

ルネッサンスリュート

John Dowland

Come Away (Come again) / P.60
Sir John Smith, His Almain / P.47
Fortune / P.62
Lady Hunsdon’s Puffe / P.54
Lachrimae / P.15
The Frog Galliard / P.23a

(P.xxはポールトン全集による作品番号)

阿矢谷 充 バロックリュート

Sylvius Leopold Weiss

Sonata No. 5 in G Major

Prelude,Allemande,Sarabande,Gigue

小倉麻矢


久野幹史

ソプラノ

ルネッサンスリュート

John Dowland

1.Come Again:Sweet love doth now invite
2.A Fancy P.5 (Lute Solo)
3.All ye,whom love or fortune
4.Can she excuse
5.I saw my lady weep

有志参加者によるリュート合奏

リュート二重奏・リュート合奏

Lord Willoughby’s Welcome Home
My Lord Chamberlain,His Galliard

The King of Denmark’s Galliard
Captain Digorie Piper his Galliard

日本リュート協会では、2013年度より、新しい会員種別の開始、会費の改訂を行いました。

会報を電子ファイルのダウンロードでのみご提供する、個人会員Aタイプを新設いたしました。
会報を紙媒体の冊子でもご提供する会員は、個人会員Bタイプとなります。

これに伴い、個人会員Aの会費は、従来の個人会員の会費から値下げされました。
同時に、家族会員の会費も改定、値下げされております。
改訂された会員種別と会費は以下になります。

  • 個人会員-A:冊子体会報不要の会員(電子ファイルのダウンロードのみ)
     1年分会費 3500円
     3年一括払い 9000円(年平均額3000円)
  • 個人会員-B:冊子体会報が送付される
     1年分会費 5000円
     3年一括払い 12000円(年平均額4000円)
  • 家族会員: 個人会員と同居の家族(2名まで)
     1年分会費 2500円
     3年一括払い 6000円(年平均額2000円)

個人会員Aは会費が安くなっておりますので、これを機会にご入会を検討いただければ幸いです。
入会方法については、メニューの「Membership」よりご参照ください。

« Older entries