講習会

You are currently browsing the archive for the 講習会 category.

10月11日(土)、木島ANNEX(東京・千駄ヶ谷)にて今村泰典氏によるマスタークラスが開催されました。
こじんまりした会場とはいえ朝からほぼ満員、後半には椅子が足りなくなるほどで、あいにくの天候にも関わらず予想以上の盛会となりました。

マエストロは前日までの疲れも見せず定刻前にレッスン開始。ルネサンス4名、バロック2名、通奏低音2組、計8組のレッスンは期待通り非常に濃密なものとなりました。
受講生は習いはじめて2年という方からプロ演奏家までさまざまでしたが、どのレッスンでも、生徒ひとりひとりの課題を引き出して具体的な解決策を提案するという基本姿勢は変わりません。これを8組全てに懇切丁寧に行って、まったく途切れることのない集中力には驚かされました。

レッスンの中で扱われたテーマを思いつくまま、以下に書き出してみます。
「脱力して腕の重みで弾くタッチ(これは前回の初心者クラスのレッスンでも行われました!)」
「タブラチュアから声部の繋がりを読み取る」
「不協和音から解決に向かう和声の動きに注意すれば、おのずと強弱の表情は決ってくる」
「指が届かない和音をどうやって弾くか?」
「どの音を目指してフレーズの流れを作っていくか」
「どんなリアリゼーションがありうるのか、その実践例」
などなど……
(レッスンの詳細なレポートは会報16号に掲載予定)
各人それぞれ極めて得るものが多い、充実したレッスンを受講することが出来ました。

チャイニーズ・レストランで行われたレッスン後の打ち上げでは、リュートを取り出しての試奏会に突入!
大いに盛り上がりました。
今村先生ありがとうございました!

今村泰典マスタークラスのプログラムです。
ルネッサンス、バロック、歌曲、コンティヌオとバリエーション豊富で充実したレッスンが期待できます。
聴講を引き続き募集しておりますので、ぜひお申し込み下さい。
申し込み方法はこちら。
(終了いたしました)

マスタークラスプログラム(受講者敬称略)
日時:10月11日(土) 10:00開場
会場:木島ANNEX 3F音楽室(東京・千駄ヶ谷):地図

時間 受講者 楽器 曲目 作曲者
10:20-11:05 林 良一 ルネッサンスリュート ケンプ氏のジグ 作者不詳
11:05-11:50 坂崎則子 ルネッサンスリュート ファンタジア フランチェスコ・ダ・ミラノ
11:50-12:35 平原雅史 ルネッサンスリュート ファンシー(トレモロ P73) J ダウランド
13:35-14:20 阿矢谷 充 ルネッサンスリュート ファンタジア(P1a) J ダウランド
14:20-15:05 三瓶綾子
倉又義克
ソプラノ
ルネッサンスリュート
「恋人たちよ、ひとつ教えようか」 フェラーリ
15:20-16:05 上島剛之助 バロックリュート 組曲ト長調よりプレリュード、クーラント S L ヴァイス
16:05-16:50 佐藤亜紀子 バロックリュート 組曲嬰へ短調より S L ヴァイス
16:50-17:35 田部井まり
田部井 亮

リコーダー
アーチリュート

リコーダーと通奏低音のためのソナタハ長調、作品2-6 マルチェルロ


日本リュート協会

今村泰典 マスタークラス開催のお知らせ
(終了いたしました)

日本リュート協会では、リュート奏者・今村泰典氏をお招きしてマスタークラスを開催いたします。
リュートソロ、デュオ、アンサンブル、声楽ほか、リュートを含まないアンサンブルでの受講も可能です。
実践的な技術から表現、様式感にいたるまで、すみずみに目配りの行き届いた指導をトッププレーヤーから受けられる貴重なチャンスです。
日本リュート協会会員以外の方の、受講・聴講も可能です。

日時:10月11日(土)
10時~18時(予定)
会場:木島ANNEX 3F音楽室(東京・千駄ヶ谷):地図
主催:日本リュート協会
受講料:会員13000円、非会員15000円
聴講料:会員1000円、非会員2000円
申込先:日本リュート協会、マスタークラス係(上島)
メール lsjip0810@yahoo.co.jp

《受講申込要領》
下記、1)~7)を申し込み時にお知らせ下さい。申し込みはメールでお願いいたします。
1)住所
2)電話番号(なるべく携帯電話)
3)メールアドレス
4)氏名
5)会員・非会員の別
6)受講楽器(他楽器や声楽とのアンサンブル含む)
7)受講曲目

※チェンバロ使用希望の方はお問い合せ下さい。
※モダンギター対象の公開レッスンが翌12日に予定されております。ご希望の方はお問い合せ下さい。

《聴講ご希望の場合》
聴講される方も当日配布の資料作成の都合上、事前予約をお願い致します。
(予約がない場合、当日配布資料はございませんのでご注意下さい)

今村泰典氏のプロフィール
大阪に生まれる。スイスのバーゼル市立音楽院古楽器科(スコラ・カントルム)にてオイゲン・M・ドムボワ、ホプキンソン・スミスの両氏にリュートを、また 並行して通奏低音およびルネッサンス・バロック演奏解釈をトン・コープマン、ヨハン・ゾンライトナーの両氏に、作曲をヴォルフガング・ナイニンガーに師事 し、ソリスト・ディプロマを取得し同校を卒業する。
在学中から数少ないソリストとしてまた、通奏低音奏者として各地の音楽祭に招かれ、ヨーロッ パ各国から中近東、アジアの国々まで幅広く演奏活動を行っている。ソロのCDとしてS.モリナーロのファンタジア全集(ドイツ・ハルモニア・ムンディ HM858-2/BMGビクターBVCD-607)、J.S.バッハ・リュート作品全集(エトセテラKTC1089、1109/KTC2501)、R. ド・ヴィゼー・テオルボ作品集(カプリッチオ10464)、ヴァイス(カプリッチオ10745)およびヴァイス(クラーヴェス50-2613)がある。尚 バッハのCDに於いては「全てのバッハ・リュート作品全集の録音の中でもっとも説得力があり、感銘深い演奏」、またド・ヴィゼーのCDに於いては「この CDは撥弦楽器におけるルイ14世時代の“偉大な世紀”の神髄を表している。」といずれもフランスのディアパソン誌が絶賛している。最近クラーヴェス社か ら出されたヴァイス作品集Vol.1(クラーヴェス50-2613)はフランスでディアパソン誌賞、「ディアパソン・ドール」を受賞した。
現在、フランスのストラスブール国立音楽院(コンセルバトワール・ナショナル)リュート科教授、ドイツのフランクフルト国立音楽院(ムジーク・ホッホシューレ)リュート科講師として後進の指導にあたる一方、ヨーロッパ各地で講習会の講師も務めている。
今村泰典氏ホームページへのリンク

Newer entries »